製品情報
つ~ちゃんブログ

HOME製品情報>エコビューター(詳細)

エコビューター(詳細)

スーパー、コンビニエンスストアなどから排出される包装された食品廃棄物をそのまま投入。食品資源と包装材、どちらも有効に活用するための前処理「破砕」と「分別」を、手間をかけずに瞬時に行います。

エコビューター3つの特長

①高速分別…投入後、約3秒で分別処理完了

コンビニ弁当の場合、1時間あたり約500kgの高速処理能力。※処理の途中で排出用トレー(食品資源用/包装材用)がいっぱいになった場合は、取り出しを行う必要があります。※投入物によって、処理時間が変わります。

②大自然から学んだ生ゴミ処理

包装された状態の食品廃棄物をそのまま投入。破砕・分別後、自動的に食品資源用トレーと包装材用トレーに排出されます。※破砕羽根の回転数を調整することにより、多様な食品廃棄物に対応します。

③衛生的…ウォータースプレーで効率よく分別

ウォータースプレーノズル搭載で内側に付着しやすいご飯類や麺類を簡単に落とし、効率よく分別できます。※ウォータースプレーでの自動洗浄は簡易的なものであり、油汚れや細部までの完全な洗浄を行うものではありません。

分別処理の流れ

分別からはじまるリサイクルの可能性

きちんと「分別」する。それが、リサイクルの第一歩

日々排出されるゴミを、再び資源として活用する。質の高いリサイクルを実現するために、その第一歩として何が私たちに求められているのでしょうか。「リサイクル」といっても、大きく分けて2種類のリサイクルがあります。ひとつは物質資源として再利用する「マテリアル・リサイクル」。もうひとつは熱として回収する「サーマル・リサイクル」。いずれのリサイクル手段を選ぶにしても、まずは、排出されたゴミを素材別に「分ける」ことが重要。食品にまつわる商品であれば、「食材」そのものと、それらを「包装」している容器類を廃棄の時点で分別する。リサイクルの第一歩としての分別がきちんと成されることで、その後の円滑な再利用が促進されていきます。

分別から始まるリサイクルの可能性

エコビューターによって分別された食品資源については、飼料として再利用可能なものは畜産家へ、それ以外のものは生ゴミ処理機で処理したのちに肥料として農家へと、循環資源としての利用を図ることができます。

製品概要

包装食品資源分別機「エコビューター」 風の力で、食品資源と容器包装に分別
品番 ECO-3 ECO-5
最大処理能力 500kg/時間 ※1 ECO-3をベースにお客様の要望に応じたカスタマイズを行います。
外形寸法(幅) 1,760mm
外形寸法(奥行) 765mm
外形寸法(高さ) 1,460mm
装置重量 約300kg
装置材質 SUS304
電源 三相200V 30A(50/60Hz)
定格消費電力 約0.4kwh
メンテナンス 弊社、もしくはメーカーと別途ご契約